畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
看護医療学科

看護医療学科の学生が、WHOとJICAに訪問!

2011年5月25日(水)

「国際看護論」の授業のひとつとして、
・WHO健康開発総合研究センター(以下、WHO神戸センター)
・JICA兵庫センター
へ校外学習に出かけました。

【WHO】World Health Organization(世界保健機関)
【JICA】Japan International Cooperation Agency(国際協力機構)

WHO③@110517.jpg

HO神戸センターは、
日本が所属する西太平洋地域事務所(マニラ)ではなく、
本部のジュネーブが直接管轄されているのだそうです。
職員も明らかに外国の方が多く
「さすが国連機関だなぁ」という感想が学生から聞かれました。
講義をしてくださったのは、ニュージーランド出身のリチャードさん。
「講義は英語も大丈夫ですか?」と聞かれてみんなの顔はちょっと硬直…
でも、ちゃんと流暢な日本語で説明してくださいました。

201105230822001.jpg

WHO神戸センターは「都市化」を
重要な健康決定要因と位置づけ、
技術協力、能力開発、科学知識や
成功事例の情報交換を支援しています。
昨年神戸で行われた国際フォーラムの
WHOロゴ入りTシャツ・バッグなどを
「訪問記念に」と参加学生全員に
いただきました。

次の訪問先、JICA兵庫センターはWHOセンターの隣のビル。
建物全体がオフィスや研修センター研修生の宿泊施設になっています。
まずは総務課の山田さんからODAの実施機関である
国際協力機構(JICA)の役割や事業内容について説明を頂きました。

201105171534000.jpg

その後、青年海外協力隊協会近畿支部の高田さんにバトンタッチ。
青年海外協力看護師隊員としてマダガスカルへ派遣され活躍、
現在は大阪市内で訪問看護ステーションの管理者をされている植田さんから
現地の様子や活動について楽しくお話し頂きました。
学内の講義とは違う雰囲気を楽しんだ校外授業でした。

畿央大学の看護医療学科からも将来、
国際協力や国際保健の担い手が出てくるでしょうか?
広い視野を育ててください。
リチャードさんをはじめとするWHO職員の皆様、
JICAの山田さん、高田さん、植田さん、大変お世話になりました。

(文責:看護医療学科 堀内)

【所属カテゴリ】看護医療学科

ブログトップへ