畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
健康科学研究科 , 理学療法学科 , 畿桜会(卒業生)NEWS

第17回KSM(Kio Study Meeting)を開催しました!

2013年10月30日(水)

畿央大学理学療法学科4期生の及川新一です。

10月も畿央大学のキャンパスをお借りして第17回KSM(kio study meeting)を開催しました。

今回で17回目を迎えるKSMですが、毎回熱意のこもった発表と議論が繰り返されているので、いつも新鮮な気持ちで参加しています。

 

さてさて、今回の発表テーマは「脳画像のみかた-基底核レベルを中心に-」「キャリアアップのための症例の考え方」「足と靴」の3つとなりました。

 

最初は熊本君が「脳画像のみかた-基底核レベルを中心に-」を発表してくれました。

内容はタイトル通りです。()

沢山の画像を基に、基本的な画像の見方から治療への応用まで細かく説明してくれました。普段脳画像を見る機会が少ないメンバーも脳画像への理解が深まりました。

 

 

新しい画像

 

 

次に、南君が「キャリアアップのための症例の考え方」を発表してくれました。

内容は症例の持っている障害の捉え方、臨床推論の立て方に始まり、話題は実習生教育にまで及びました。写真は中田君と南君が初診時の介入方法について激論を交わしているところです。決して喧嘩をしている訳ではありません。()

 

新しい画像 (1)

 

最後は櫻井君が「足と靴」を発表してくれました。

KSMでは初となる「靴」に着目した発表でした。靴の機能的役割や、正しい靴の履き方など、普段の臨床ではあまり意識していなかったことを分かりやすく発表してくれました。

 

新しい画像 (2)

 

 

ここまでのBlogを読んで頂くとお気づきになるとは思いますが、KSMは一度の勉強会で大きなテーマを決めずに、各々の興味があること、臨床で取り組んでいることを基に発表します。また、メンバーの所属している病院や施設の特性が異なるため、発表の内容をそのまま臨床で実践することは出来ません。勉強会で得た知識を自分達の臨床に落とし込み、患者様に最善の医療を提供出来るようこれからも切磋琢磨して頑張っていきたいと思います。

 

最後になりましたが、今回も快く会場を提供してくださった、理学療法学科長である庄本先生を始め、畿央大学関係者の皆様に感謝を申し上げます。

 

新しい画像 (3)

 

 

 

【所属カテゴリ】健康科学研究科理学療法学科畿桜会(卒業生)NEWS

ブログトップへ