畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

クラブ・サークルより

2019年4月4日(木)

畿桜会(畿央大学・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会)では、卒業後の同窓生のつながりを活性化することを目的に、一定数以上集まる同窓会の開催を補助しています。

同窓会開催にかかわる補助について(大学ホームページ)

 

今回は、2017年度に卒業したバスケットボールサークル「Fibbers」の同窓会レポートをお届けします!

 

バスケットボールサークルfibbers 2017・2018年度卒業生 同窓会2-3

 

2019年3月24日(日)にバスケットボールサークル「Fibbers」の同窓会を開催しました。バスケットボールサークルのOB・OGらしく、朝からバスケの大会に出場し、夜に「1年間お疲れ様会(同窓会)」を開くという1日を過ごしました。

 

バスケットボールサークルfibbers 2017・2018年度卒業生 同窓会3-1-side-down

 

バスケの大会には10名が出場し、2チームに別れて試合に臨みました。真剣かつ存分に楽しみながらバスケをした結果、1チームは4位に、もう1チームはなんと優勝することができました。また、偶然にも違うチームで出場していた畿央大学入学センターの職員さんと試合会場で出会い、違った意味で大学時代を懐かしむことができました。

 

バスケットボールサークルfibbers 2017・2018年度卒業生 同窓会5-1-side

 

夕方には2名が合流して、合計12名で1年間お疲れ様会を行いました。大学時代のことや仕事のこと、将来のこと等、様々な話が繰り広げられました。仕事の話になると、どうしても愚痴やしんどい話が多くなるイメージですが、このメンバーの良いところは、ネガティブな話よりポジティブな話を好むというところで、終始笑っていられるとても楽しい会になりました。

 

大学を卒業しても尚、こうして集まって、畿央生に戻ったかのようにワイワイできることはとても幸せでした。同期16名中、今回会うことができなかった仲間が4名いるので、また集まる機会を企画しようと考えています。今回は畿桜会補助を頂き、ありがとうございました。

 

2017年度現代教育学科卒業 細川光生

2019年3月26日(火)

人間環境デザイン学科2回生、軟式野球部主将の海江田和輝です。

昨年、天理高校(奈良県)軟式野球部の顧問の先生から練習試合のお誘いがあり、3月21日(木・祝)にようやく実現することができました!フルイニング9回を2試合もさせていただき、2試合とも均衡した大接戦となりました。

 

 

▼試合前の整列(対 天理高校)

a1

 

【1試合目】

1試合目のスターティングメンバーです。

 

1 ライト    海江田(デザイン学科2回生)

2 キャッチャー 戸髙 (現代教育学科2回生)

3 ショート   渡邊 (現代教育学科2回生)

4 ファースト  稲垣 (現代教育学科2回生)

5 センター   楠(知)(デザイン学科2回生)

6 セカンド   奥  (健康栄養学科1回生)

7 ピッチャー  櫻井 (看護医療学科2回生)

8 レフト    乾  (理学療法学科1回生)

9 サード    楠(大)(現代教育学科1回生)

 

a2

 

打者一巡した3回の攻撃。2アウトからリードオフマン・主将の海江田選手がセンターのフェンスを越す3ベースヒットを放ちます。

 

▼3ベースヒットを放った主将の海江田選手

あ3cats

 

続く2番バッタのーの戸高選手がライト線に技ありのヒットを放ち、畿央大学が先制しました。

 

▼先制点を叩き出した戸高選手

a4

 

先発マウンドに上がった櫻井選手も粘りのピッチングを見せ、ファーストを守る稲垣選手の好プレーもあり、終盤まで相手に得点を与えませんでした。

 

▼力投する櫻井選手

a5

 

▼守備でも好守も見せ、4番も務めた稲垣選手

a6

 

8回に同点に追いつかれ、1対1の同点のまま9回を迎えました。畿央大学は打線がつながらす得点できません。

迎えた9回裏。2アウトまで追い込み、ゲームセットかと思われましたが、連打を浴び、わずか6球で1点を取られ、サヨナラ負けを喫しました。気持ちを切り替えて2試合目に臨みます。

 

 

【2試合目】

2試合目のスターティングメンバーです。

 

1 ライト    海江田(デザイン学科2回生)

2 キャッチャー 戸髙 (現代教育学科2回生)

3 センター   楠(知)(デザイン学科2回生)

4 ファースト  稲垣 (現代教育学科2回生)

5 サード    櫻井 (看護医療学科2回生)

6 セカンド   奥  (健康栄養学科1回生)

7 ピッチャー  渡邊 (現代教育学科2回生)

8 レフト    乾  (理学療法学科1回生)

9 ショート   楠(大)(現代教育学科1回生)

 

a7

 

先ほどの試合とは打って変わって初回から試合が動きました。エラーや連打で3回まで6点を奪われます。

 

 

▼2試合目に先発した渡邊選手

a8

 

3回途中から中継ぎ投手として、先日卒業したばかりで翌日に入社式を控えた吉歳選手がマウンドに上がりました。

 

▼3回途中から中継ぎとして力投する吉歳選手

a9

 

吉歳選手の好リリーフもあり、終盤まで相手打線に得点を与えません。畿央大学も終盤まで粘り強く守り続けます。終盤の8回、畿央大学にチャンスが訪れます。

エラーやフォアボールで満塁のチャンスを作り、7番渡邊選手がレフト線に痛烈なクリーンヒットを放つと、続く8番途中出場の森選手が手堅くセンター前にヒット。この回一挙3点を取りました。

 

▼試合での采配を握る楠(知)選手

b1

 

迎えた最終回。2アウトと追い込まれますが、フォアボールやエラーで4点を追加し6対7でサヨナラ勝ちを収めました。

 

bb

 

部員不足で試合ができなくなる可能性があった軟式野球部も現在では部員・マネージャーも増え、チーム一丸となって日々頑張っています。毎週火曜日と土曜日は練習日とし、日曜日はたまに練習試合や公式戦があります。野球経験者はもちろん、野球に少しでも興味のある方がいれば気軽にグラウンドへ足を運んでください。

 

Twitter写真

 

軟式野球部主将

人間環境デザイン学科2回生 海江田和輝

 

【関連記事】

第8回夏のセンバツ全日本軟式野球大会へ出場!~軟式野球部

全国大会出場に望みをつなげるか!?第41回全日本学生軟式野球選手権大会関西予選 第3戦!~軟式野球部

第7回夏のセンバツ全日本軟式野球大会、2年連続で準優勝!~軟式野球部

軟式野球部、新人戦が開幕!!

2019年3月20日(水)

畿央大学 災害復興ボランティア部 HOPEFULの3回生落合怜央です。

2019年3月9日(土)、奈良県吉野郡下市口の大淀町文化会館で行われた、障がい理解を深める啓発イベント「ほっとはーと南和のつどい」に部員8名でスタッフとして参加させていただきました。

「ほっとはーと南和のつどい」は、福祉施設のスタッフの皆さんが忙しい中ボランティアで企画運営されている行事で、2年に1度、障がいの有無にかかわらず理解を深めてもらうことを目的として実施されています。私は、企画会議にも何度か参加させていただき、忙しい中集まっておられるスタッフの皆さんの姿から、強い思いを感じることができました。

 

福祉フェスティバル「ほっとはーと南和のつどい」1-1

 

私たちが担当した小ホールでは、奈良県の作業所や福祉事業所の方が、実際にされている事業の体験や、競技用車いすなど障がいのある人の立場の疑似体験ができるブースが集まっていました。

HOPEFULとしては、体験スーツを用いた高齢者体験のブースを出展しつつ、子どもでも楽しめるように、空気砲の体験コーナーも設定させてもらいました。

ボランティアを通して、障がいのある方に対する知識を身につけられたと共に、実際に事業所での内容や、そこで働いている方とのかかわりの中で自分が知らなかったことが多く学べた一日でした。

 

福祉フェスティバル「ほっとはーと南和のつどい」2-1-side

 

ここで参加した1回生の声を紹介したいと思います。

 

障がいがある人とない人、そのような壁が一切無いと感じることのできるイベントでした。参加してくださった皆様、ボランティアの方々、スタッフの方々、皆が「お互いを理解しよう」とコミュニケーションをとっておられて、すごく心も温かくなりました。ゲームのスタッフをさせていただいた中で、物を引っ張る動作がうまくできない子や、的が見えにくい子がゲームを断念する様子を目の当たりにしました。みんなが同じスタートラインから始められるゲームや行為など、これらを考えることはかなり難しいことであり大変なことであると痛感しました。

今回は「障がい理解」を深める啓発イベントでしたが、その中で「障がい理解」という言葉が《「できないこと、苦手なことがあるのはみんな同じ」だから障がいという壁は無くしていこう!》という意味なのかなと感じました。

                                          坂口栞

 

まずボランティアで参加してみて、障がいをもたれた方々の他にもお子さんを連れて来られた保護者の方にも様々な疑似体験に興味を持ってもらえて嬉しく思いました。僕も実際に疑似体験をさせてもらって、本当に大変なのだと思いました。それと同時に障がいをもつ方々と僕らは、苦手なこと・不得意なことは似ていて、不得意さの度合いの大きさが違うだけだと気づきました。

                                         遠藤潤兵

 

初めて参加させてもらって、最初は、小さい子どもや障がいをもつ方と上手に話せるか、楽しんでもらえるか不安でした。でもイベントが始まってみると、参加してくださった方や一緒にボランティアをした方々がとても親切に接してくださったので楽しく参加できました!

兵庫県たつの市で活動されているぴーす&ピースさんが行ってくれた知的障がい者体験などに参加できたので、特別支援教育を勉強している私にとって勉強になりました。ボランティアの楽しさややりがいを感じることができてとても良い機会でした。また参加したいです。

谷恵里奈

 

ゴルゴ松本さんの講演もあり、みんなで聞かせていただき、いい勉強になりました。

福祉フェスティバル「ほっとはーと南和のつどい」4-1

 

現代教育学科3回生 落合怜央

 

●災害復興ボランティア部 HOPEFULの活動記録はコチラ

2019年2月12日(火)

畿桜会(畿央大学・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会)では、卒業後の同窓生のつながりを活性化することを目的に、一定数以上集まる同窓会の開催を補助しています。

回は、ダンス部の同窓会レポートをお届けします!

 

同窓会開催にかかわる補助について(大学ホームページ)

 

 

Afro-izm Republic(アフロイズムリパブリック)9期副代表のみーこです。

2019年2月3日(日)、ダンス部Afro-izm Republicの同窓会「Afro-izm Realpolitic」(アフロイズムリアルポリテック)を心斎橋VARONにて開催しました!

卒業生36人に加えて、在学生や一緒にダンスをしてきた仲間の参加もあり、先輩や後輩を交えて和気あいあいとした懐かしさ溢れる楽しい時間となりました。

 

ダンス部同窓会6-1

 

ダンスショーケースはもちろんのこと、ジェスチャーゲームや風船割りといったゲーム企画、お題付きのダンスバトルトーナメントなどチーム対抗戦で行い、笑顔あり涙ありの大盛り上がりでした。最後には抽選会で豪華賞品をかけてクジ引きをするなど、思い出に残る出来事がたくさんでした。

 

ダンス部同窓会1-2-side-down

 

その後の二次会では、最高の仲間たちと最高のご飯とお酒を堪能しながら学生時代の思い出話、仕事や勉強、人生相談、そして結婚の話など近況報告をし合いました。この数年での、たくさんの変化を感じ感動しました。

 

社会に出ると大学時代のダンス仲間とは会える機会が少なくなります。この一日は、学生時代に戻ったような、青春時代を思い出す最高の時間でした。卒業してからも一年に一度、このように集まって顔を合わせて学生時代を思い出して今の自分の近況を話し出来ることは本当に幸せなことだと思います。

毎年、このように集まり同じ時間を楽しみ、たくさん笑い合いたいです!

 

ダンス部同窓会5-1

 

最後に、このような同総会の開催を支援してくださる畿桜会に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

Afro-izm Republic 9期副代表

理学療法学科10期生 青木美紗子(みーこ)

2019年1月16日(水)

畿桜会(畿央大学・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会)では、卒業後の同窓生のつながりを活性化することを目的に、一定数以上集まる同窓会の開催を補助しています。

同窓会開催にかかわる補助について(大学ホームページ)

 

今回は、毎年恒例となっている教職クラブODENの同窓会レポートをお届けします!

 

同窓会レポート~教職クラブODEN1-2

 

平成30年12月29日(土)に教職クラブODENの同窓会が行われました。

毎年恒例で行われているこの同窓会ですが、今回は卒業生38名、在学生16名の合計54名の大人数での開催となりました。小学校、幼稚園や一般企業に務めている卒業生と在学生の交流を目的として毎年行われており、卒業生にとっては、大学の頃の熱い気持ちを思い返す良い機会で、在校生にとっても社会で働いている卒業生と話ができる良い機会です。

 

同窓会レポート~教職クラブODEN2-1-down

 

卒業生は、クラブの話、大学でしていた活動などの話を在学生と一緒に語り合いました。この同窓会には1期生も居るので、このクラブができた目的やどのような苦労があったなど、直接在学生に話をしていました。

 

▼在学生も一緒に記念撮影!

同窓会レポート~教職クラブODEN4-1

 

大学の時に抱いていた未来に向かった熱い思いなどを聞くことができて、私自身とても刺激を受ける良い機会になりました。それと共に真剣な話や他愛もない話ができる仲間がこんなにも沢山いることに、嬉しさを感じる良い同窓会だったと思います。

 

現代教育学科2期生 白井康義