畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
クラブ・サークルより

今年も「学習キャンプ2009夏~想~」を実施しました。

2009年9月23日(水)

教育や野外活動に興味のある学生たちが自ら企画する1泊2日のキャンプが、9月8日(火)~9日(水)、奈良県立野外活動センターで開催されました。                                                                          今回のテーマは、”想”。相手を思いやる気持ちや想像力を発揮した活動などで、”想”の溢れるキャンプとなりました。
このキャンプには、奈良県立野外活動センター所員の皆様の多大なるご協力のもと、実行委員が打ち合わせを重ねて企画し、1回生から3回生の合計84名が参加しました。                                                  今回は健康科学部の学生も多く、初対面の学生同士の交流もありましたが、明るい雰囲気のもとで理論や実践を通して野外活動の大切さをしっかりと吸収し、最後には大きな感動を味わえる貴重な体験となりました。今回で3年目ですが、先輩から後輩へと、企画・運営のノウハウが引き継がれているのが感じられます。

 

アイスブレーク&レクリエーション理論
まず、参加者同士がお互いを知り緊張感をほぐすゲームでアイスブレーク。多彩なレクリエーションを習い、実践しました。徐々に表情も明るくなり、元気な笑い声が聞こえてきました。

 

夏キャン1.jpg 夏キャン2.jpg

  

 ★キャンプファイア理論
実際に薪を組んで木の感触や香りを感じながら、児童とキャンプファイアを楽しむ際に注意する点、感動できるポイントなど、具体例をあげて詳しく実践的に指導していただきました。

 

夏キャン3.jpg 夏キャン4.jpg

 

 

リスクマネジメント
自然のなかで起こる危険因子を素早く発見し、その後の判断ができるための能力や知識を豊富に持つことは指導者としてとても重要。具体的なリスクや対処方法などを教えていただきました。

 

夏キャン5.jpg 夏キャン6.jpg

 

キャンプファイア
夕食後はロケット点火が大成功。驚きと感動の歓声で始まりました。ゲームやダンスが終始盛り上がり、楽しい夜のひとときが終わろうとしているその時。トーチ棒を持った4名の学生が現れ、真剣に自分自身の想いを語りました。感動的なフィナーレは、奈良県立野外活動センターのキャンプ補助員で今回の実行委員でもある学生の「火の玉回し」と「火文字点火」のパフォーマンス。今回のテーマ「想」の文字が炎に包まれると、水面に映った文字も光り輝き、ますます美しい夜を彩りました。学生たちもしばらく無言で見つめ、それぞれの想いを心に映し出しているようでした。

 

夏キャン8.jpg 夏キャン7.jpg

 

 

朝のつどい
眠たい目をこすりながら、実行委員の学生を中心に、朝から元気に体操やゲームをしました。

 

夏キャン9.jpg 夏キャン10.jpg

 

自然活動
自然の中で食材ゲットクイズ&ゲームをしました。アップダウンの激しい山道に少し汗ばみながらも、朝の爽やかな風に吹かれ楽しく活動ができました。 

夏キャン11.jpg 夏キャン12.jpg

 

 ★自炊
秋の気配を感じる季節にふさわしく、きのこたっぷりの炊き込みごはんと豚汁作り。食材や炎と格闘しながら出来上がった昼食を、語り合いながら味わいました。

夏キャン13.jpg 夏キャン14.jpg

 

 ★フィードバック

夏キャン15.jpg
最後に、2日間を振り返りました。

充実した活動を思い出しながら意見を述べ、今回のキャンプの意義と今後の夢に向けた思いを確認し合いました。

 

夏キャン16.jpg

【所属カテゴリ】クラブ・サークルより

ブログトップへ