畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
健康栄養学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携

「第2回橿原のみやげもん発掘あるある大募集」で本学学生の2作品が受賞!

2012年10月25日(木)

アマチュア部門で、10作品応募し、2作品が入賞しました!

橿原市にはこれといったおみやげ物がないということで、昨年から始まった『橿原のみやげもん発掘あるある大募集』。
この企画に、健康栄養学科の学生が創作したスイーツ20作品が応募され、2012(平成24)年10月24日最終審査会がかしはら万葉ホールにおいて行われました。

審査の対象は、当日に試作実食ができることが条件のため、授業の関係で実際には10作品(グループ)の提出となりました。
そして、2回生が創作した「大和の贈り物」(ほうれんそう、アスパラ、大和茶のかりんとう)が地産地賞を、「大和なでしこ三姉妹」(大和茶、苺、きな粉と生クリーム・餡を包んだ葛大福)がネーミング賞を獲得しました。

あるある1.jpg

▲受賞グループのメンバーは授業があって、表彰式に出られないため柴田さん(1回生、写真右)と新谷先生(同左、中央は森下豊橿原市長)が出席し、指導教員の浅野先生は来場者席からエールを送られていました。

あるある2.jpg

畿央大学は橿原商工会議所と連携して2009(平成21)年度から毎年、食に関する土産物レシピ開発を行なっており、今年は20グループ総勢60名が参加して『かしはらスイーツ』をテーマに学生が学内コンペで競い合いました。
今回は、その20作品すべてを応募し、試作できた10グループのうち2グループの受賞となりました。

森下市長および審査員の橿原物産協会吉廣会長からは、「(畿央大学は)橿原の商業振興のため尽力いただいています。今回も数多く出品してもらっていますが、これからもご協力ください。」との激励の言葉をいただきました。

あるある3.jpg

▲市長、審査員とともに受賞者全員での記念撮影の言葉をいただきました。

また、受賞した学生たち(2グループ)は、翌日(10/25)授業中に、浅野先生から表彰を受けました!
みんなの前で表彰された学生たちは照れくさそうでしたが、サプライズに喜びをかみしめていました。
来年以降、3回生になった時の活躍もまた楽しみですネ!

あるある5.jpg

▲【地産地賞】「大和の贈り物」創作チーム(安原・藤井・藤岡・森口・山下)

あるある4.jpg

▲【ネーミング賞】「大和なでしこ三姉妹」創作チーム(樋口・福井・中村・萩原)

食べて美味しいのは当たり前、そこにひと工夫しているかどうかが審査の分かれ目でした。
橿原にも、こんなおいしい土産物があれば観光客がもっと増えること間違いなし! です。

【所属カテゴリ】健康栄養学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携

ブログトップへ