畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
クラブ・サークルより , 学生広報スタッフblog , 被災地支援の活動

学生広報スタッフBlog vol.139~福島に届け!「絵葉書プロジェクト」

2014年8月30日(土)

こんにちは!学生広報スタッフで被災地支援サークル「HOPEFUL」所属の みー です!

 

HOPEFULは、東日本大震災を契機として畿央大学の学生有志により設立されたサークルで、被災地支援イベントへの参加、企画・運営などの活動をしています。

 

8月の初めには「絵葉書プロジェクト」を行いました。このプロジェクトは、福島県の仮設住宅に住んでおられる方に、絵葉書を送る活動です。

 

image009

 

「遠く離れた奈良県から、自分たちにできることはないだろうか」と考え、立ち上げたプロジェクトです。

一枚一枚手描きした絵葉書は、HOPEFUL主催で8月18日から20日まで、福島県の子どもたちを対象に行われた「のびのびキャンプ2014」にスタッフとして参加した、福島大学の菅野くんに託しました。

 

ehagaki-1

 

現地で絵葉書を手渡すと、菅野くんは「一枚一枚全部手描き!?」と、とても驚いた様子で受け取ってくれました★

 

その菅野くんから、絵葉書について報告がありました!

8月28日(木)、福島県二本松市の杉内多目的運動広場 応急仮設住宅の自治会長さんに、手渡されたとのことです!

 

ehagaki-2

 

自治会長さんは「こういうの嬉しい。みんな喜ぶよ。秋の絵が描かれているのがいいね。遠くから想いを届けてくれてありがとう!」と、受け取ってくださったそうです。

30枚ほどがこの仮設住宅にお住みの方々に配布され、残りは、また別の場所で配布される予定です。

 

奈良から、配布された方々に、絵葉書を通して少しでも気持ちが届けばいいなと思っています!

 

また、今回仲介役となってくれた菅野くんとHOPEFULとは、「のびのびキャンプ」を通してつながりました。支援の中で繋がった仲間も大切に、さらに活動を展開していきたいと思っています★

 

残りの絵葉書が届けられる様子や、HOPEFULの今後の活動については、このブログやHOPEFUL facebookページで報告させていただきます! ぜひ、ご覧ください★

 

【関連記事】

学生広報スタッフBlog vol.137~被災地支援サークル「HOPEFUL」活動報告

【所属カテゴリ】クラブ・サークルより学生広報スタッフblog被災地支援の活動

ブログトップへ