畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
人間環境デザイン学科 , 畿央大学×地域連携

エコール・マミに改修提案とディスプレイ展示!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

2014年2月11日(火)

人間環境デザイン学科2・3回生が学年の枠をこえて地元企業や市町村、地域住民の方々と地域の課題解決に取り組む「プロジェクトゼミ」。

 

加藤ゼミでは毎年、エコール・マミ(以下:エコマミ)様にご協力いただき、店舗デザイン提案や改修提案を行っています。6年目を迎える今年は、2014年2月7日(金)にマミホール会議室で店長様に改修案のプレゼンテーションを行いました。

 

DSCN1300-vert

 

今回ご協力いただいたのは下記2店舗です。

 

・アリス様 (エコマミ北館2階ミセスファッション)

・キャパトル様 (エコマミ北館1階ベーカリーショップ)

 

アリス様にはテーマに合わせた模型を2つ作りました。1つはアットホームでカジュアルなイメージに、もうひとつは高級感のあるエレガントな雰囲気で提案しました。

 

▼アリス様へのご提案

DSCN1323-horz

 

キャパトル様はエコマミ内で最も繁盛しているパン屋さんです。「思い切った案を出さないとインパクトに欠ける」と思い、回るパン屋さんを提案しました。人が動いてパンをとるのではなく、パンが流れてくるという逆転の発想です。オーナー様や店長様の前で発表するのに最初は緊張しましたが、発表後にはとても喜んでいただいたので満足しています。

 

▼キャパトル様へのご提案

DSCN1325-horz

 

また夕方にはエコマミ南館2階の空き店舗ウィンドウを使って、ディスプレイをさせていただきました。テーマは「未来のエコマミ」です。3月末まで展示していますので、皆さん見に来て下さい!

 

DSCN1334

 

▼コンセプト

DSCN1328 (2)

 

 

【学生コメント】

●アリス担当リーダー: 嶋崎 優さん(3回生)

2回生2人、3回生2人で協働しながらたくさんの案を出して、試行錯誤をしながら改修案を検討しました。時には意見が食い違ってなかなか進まなかったり、振り出しに戻ったりもしましたが、無事に完成して本当に良かったです。さらに、アリスの店長さんがヒアリングを快く引き受けてくださり、良い雰囲気で進めることができました。プレゼン当日も私たちの提案を気に入っていただけて嬉しかったです!

 

●キャパトル担当リーダー: 瀧井 朋子さん(3回生)

キャパトル改装案は非常に難しかったです。しかし、発表してお店の方が喜んで下さったのを見たとき、頑張ってよかったと感じることができました。プロジェクトゼミで経験したことを忘れず、自分の糧にしていきたいです。

 

●ディスプレイ担当リーダー: 関本 彩乃さん(2回生)

最初は意見がなかなかまとまりませんでしたが、最後は1つの作品を協力して作ることができました。学校では各パーツを作っていたので、実際にウィンドウに飾るまでは不安でした。今日展示が完成し、楽しそうな作品ができたと思います。みんなに協力してもらってばかりのリーダーでしたが、いい経験ができたと感謝しています。

 

▼ディスプレイ作業風景

DSCN1333-horz

 

▼加藤プロゼミ学生たち

DSCN1337

 

 

【関連リンク】

「畿央大学生によるアート展」をエコール・マミで開催中!(人間環境デザイン学科)

2012年度 エコマミ提案★人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

エコマミアート作品「マミのおもちゃ箱」ができました!~人間環境デザイン学科 加藤ゼミ

2011年度 エコマミ提案★人間環境デザイン学科 加藤プロゼミ

 

【所属カテゴリ】人間環境デザイン学科畿央大学×地域連携

ブログトップへ