畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 健康科学研究科 , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

平成27年度 運動器リハビリテーションセミナー「エビデンス編」を開催しました。

2015年6月1日(月)

平成27年度運動器リハビリテーションセミナーがスタート!

 

IMG_4245-horz

 

5月の締めとなる最後の日曜日である5月31日に、平成27年度運動器リハビリテーションセミナーが開催されました。

本セミナーはもともと卒業生に対するリカレント教育の意味を含んだセミナーでしたが、第1回目となる「エビデンス編」では外部からの聴講者が80%を占め、臨床で活躍している先生方も多数申し込んでくださいました。ありがとうございました。

 

今回のエビデンス編では、

① 「骨量減少とその予防」 担当:理学療法学科教授 峯松 亮

IMG_4204

 

② 「運動と免疫機能」 担当:理学療法学科教授 今北 英高

IMG_4210

 

③「 メカニカルストレスが関節に与える影響について」 担当:理学療法学科助教 瓜谷 大輔

IMG_4220

 

④「難解なバイオメカニクスの知識を臨床応用する」 担当:理学療法学科准教授 福本 貴彦

IMG_4227

 

という4つのタイトルで構成し、それぞれの内容に存分の文献的考察を加えて各教員がお伝えしました。基本的な知識から今までに公表されている研究論文をまとめる中で、理学療法士・作業療法士としての免疫機能の考え方について少しでも役に立てればという意味も込めてお話させていただきました。終了後に参加者の方から色々とお話をいただき、特に、最近では癌リハなどにも免疫機能が関連していることを聞きまして、次回には少しでもそのような内容が取り入れられたら…考えております。

 

IMG_4257-horz

 

このようなセミナーの場では、参加された先生方から直接お声を聴かせていただくと、私たちも大変うれしく思います。何かありましたら、お気軽にお声をかけていただくなり、メール等で連絡いただければ幸いです。また、今後、私たちの研究活動などにも参加や見学も大歓迎です。少しでもこの機会を次につなげていただけると光栄に思います。

アンケートでは満足いただけたセミナーだったと聞きまして内心ホッとしておりますが、さらに参加していただいている先生方に、少しでも最新情報をお届けできるよう、私たちも努力していきます。

 

第2回目 上肢・体幹編(8月2日)

第3回目 下肢編(11月8日)

第4回目 臨床研究編(2月7日)

⇒詳細はオフィシャルサイトをご覧下さい。

 

役に立つ情報をわかり易くまとめあげてお待ちしております。ふるってご参加くださいませ。

ご参加いただいた先生方、誠にありがとうございました。

 

理学療法学科 教授 今北 英高

【所属カテゴリ】イベントレポート健康科学研究科理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ