畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
健康科学研究科 , 理学療法学科

「畿央」から「世界」へ ~ 2論文が同時に国際学術雑誌に掲載! ~

2009年7月3日(金)

リハビリテーションの学術活動に関連した権威ある雑誌 『Clinical Rehabilitation 』 第23巻の6月号に本学の理学療法学科教員の論文が2つ掲載されました!

 

6月号には9論文が掲載されていますが、そのうち2論文が本学教員によるものです。
別々の論文が国際学術雑誌の同じ号に掲載されることは、まさに「運」でもありますが、「快挙」でもあります。今回の論文の受理掲載は、畿央大学が博士後期課程開設とともに掲げた“健康科学という学問領域を確立し、畿央大学を世界に発信する” という目標を達成するための口火になる画期的な出来事でした。
 

森岡先生ブログ2.JPG.gif 森岡先生ブログ1.JPG

 

 

一つ目の論文は、森岡 周 教授を筆頭とする “Effects of plantar hardness discrimination training on standing postural balance in the elderly: a randomized controlled trial (Authors: Shu Morioka, Makoto Hiyamizu, Takahiko Fukumoto, Yasunori Kataoka, and Fumio Yagi)” で、共著者のうち福本 貴彦 准教授冷水 誠 助教は畿央大学の教員です。

 

もう一つの論文は、高取 克彦 准教授を筆頭とする”Does assessing error in perceiving postural limits by testing functional reach predict likelihood of falls in hospitalized stroke patients? (Authors: Katsuhiko Takatori, Yohei Okada, Koji Shomoto, and Tomoaki Shimada)”で、共著者のうち庄本 康治 教授岡田 洋平 助手は畿央大学の教員です。

 

論文について詳しく知りたい方は、下記の「Clinical Rehabilitation」のホームページをご参照ください。

http://cre.sagepub.com/content/vol23/issue6/

【所属カテゴリ】健康科学研究科理学療法学科

ブログトップへ