畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
健康栄養学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携

奈良県中央卸売市場連携「ならいちばのキッチン・第12回料理教室」を開催しました。

2019年9月2日(月)

健康栄養学科の学生プロデュースによる料理教室

今回のメニューは、「ヤマトポークの彩り野菜巻き~和風ジュレを添えて~」

 

畿央大学は奈良県中央卸売市場と連携して7年目になります。毎年料理教室を開催していますが、今年度の1回目となる料理教室が令和元年8月31日(土)に開催されました。今回は参加希望者が76名にものぼったため抽選となり、16名の方々が当日参加してくださいました。家族で参加されている方、親子そして孫や友人と参加されている方もおり、とてもいい雰囲気の料理教室となりました。

 

奈良県中央卸売市場連携「ならいちばのキッチン・第12回料理教室」1-1-down

 

はじめに、関連卸協同組合尾崎副理事長からご挨拶をいただき、続いて今回の食材を提供していただいたジェルネフーズの方からヤマトポークについての説明をしていただきました。その後、畿央大学健康栄養学科の教員(指導教員:上地加容子教授、上西梢助手)と2回生6名が「ヤマトポークの彩り野菜巻き」の調理方法やヤマトポークについて説明・実演を行いました。そして、3つの班に分かれた後はそれぞれの班で野菜巻きを調理しました。

 

奈良県中央卸売市場連携「ならいちばのキッチン・第12回料理教室」4-1-side

 

電熱調理器を使う作業などは大人の参加者が行い、他の簡単な作業などは子どもが行うなど、各班協力しながら楽しそうに調理を行っていました。調理中は「私も肉をたたいて伸ばしたい」や「盛り付けがきれいにできた」などの元気のいい声が飛び交っていました。学生達は終始参加者とコミュニケーションをとり、説明もしながらいい雰囲気づくりを心掛けていました。参加者からは「孫と共に参加できて楽しかった」「誰でも上手くできるように準備されていて素晴らしいと思った」との声をいただきました。

 

奈良県中央卸売市場連携「ならいちばのキッチン・第12回料理教室」6-1

 

奈良県中央卸売市場(最寄駅:近鉄橿原線筒井駅徒歩10分)は毎月最終土曜日に食祭市を実施しています。食祭市は8時半から12時に一般の方を対象に開催されています。毎回「当日の目玉商品」が設定され、良いものをお安くお買い求めいただけます。また、食に関する様々なイベントが楽しめますので、ぜひ皆さんもお越しになってください。

 

なお、今回のならいちばのキッチンの様子は、9月3日(火)22時54分からの県政フラッシュ(奈良テレビ)にて放映されます。

 

 

奈良県中央卸売市場ホームページはこちら

 

~本学健康栄養学科の取り組み~

ヘルスチーム菜良

COOKPAD

 

【過去の記事】

ならいちばのキッチン・第11回料理教室

ならいちばのキッチン・第10回料理教室

ならいちばのキッチン・第9回料理教室

ならいちばのキッチン・第8回料理教室

ならいちばのキッチン・第7回料理教室

ならいちばのキッチン・第6回料理教室

ならいちばのキッチン・第5回料理教室

ならいちばのキッチン・第4回料理教室

ならいちばのキッチン・第3回料理教室

ならいちばのキッチン・第2回料理教室

ならいちばのキッチン・第1回料理教室

【所属カテゴリ】健康栄養学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携

ブログトップへ