畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
クラブ・サークルより , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究

幼児・児童遊戯研究サークル(じぃく)の活動報告!

2014年2月28日(金)

奈良も大雪に見舞われた2月14日、幼児・児童遊戯研究サークル(通称じぃく)は降りしきる雪にも負けずに臨時で活動を行いました。

活動内容はかまくら作り!

雪のあまり積もらない地域なので、大量の雪を使った遊びに憧れる子どもも少なくないのではないでしょうか?

幼児・児童の遊びを実際に行うことから学ぼう、遊びのレパートリーを増やそう!をモットーとするじぃくにとっては、この大雪もまたとない機会!

というわけで大学に隣接する公園の広場を使ってかまくら作りが開始されたのです。

 

新しい画像-horz

 

メンバーが近所のスーパーにて調達した『バケツ・ひしゃく・軍手』を用いて、まずはどんどんと雪を集めて大きな雪山を作ります。大量のバケツのお陰で雪山はみるみる大きくなります。素手で運んでたんじゃあこうはいきません。道具の力は偉大ですね(笑)

 

雪山が大きくなったら中に入れるよう雪をくり抜いていきます。

 

新しい画像 (2)

 

中の雪をくり抜くと強度が下がってしまうため、外側はさらに雪を積み上げて強く固めていきます。

ある程度くり抜けたら中に入ってさらにガンガン雪を掻き出してかまくらの中を広げます。

壁が薄いところは外の光が透けてぼんやり明るく見えるため、外から補強して崩れないようにします。

もし崩れたら中で作業している人は生き埋めに…!?

なんて想像して少しドキドキしながらも中の雪を運び出していきます。

 

新しい画像 (3)-horz

この作業ではひしゃく(緑色の柄付きバケツ)が大活躍。

『掘るんだからスコップ』というのではなく、別の道具でも応用するのは遊びを広げる上では意外と大事なことかもしれません。

 

地道に雪を運び続けておおよそ3時間…大きなかまくらが完成。

 

新しい画像 (5)-horz

 

その強度は思った以上に高く、思い切り滑り込んでも上に乗ってもびくともしません。

そして中にいて驚くのがその防音性の高さ。周りで騒いでもほとんど何も聞こえません。

逆に中で何を叫んでも外には届かない。

『雪が積もると静かになる』というのを知識としては知っていましたが、体験したのははじめてでした。

 

新しい画像 (7)-horz

 

この日のすさまじい大雪のために電車が遅れたり道で滑ったりといった目にも遭いましたが、雪が積もり見慣れた公園の景色が真っ白な別世界になったのを見るとやはり心が奪われました。

なにより普段できない雪で遊ぶ!という楽しい体験が出来、『じぃく』としては大収穫、大満足な一日でした。

今学期最後のメンバーが集まった日にこのような活動が出来たことを本当にうれしく思います!

 

教育学部3回生 後藤 凱

【所属カテゴリ】クラブ・サークルより現代教育学科畿央の学びと研究

ブログトップへ