畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究

冬のスポーツ実習2018(in 白馬村)レポート vol.4~4日間を振り返って!

2018年3月5日(月)

平成30年2月20日(火)~23日(金)の4日間で「スポーツ実習」が長野県白馬村で開講されました。健康科学部、教育学部合わせて172名の学生が履修し、12名の学生アシスタント、12名の教員、総勢195名が参加しました。

実習を終えた学生から最後のレポートです!

 

28277254_1642281479184296_5060454715280085285_n

 

【実習1日目】

実習班や宿舎のメンバーと仲良くなれるかどうか、スキー実習についていけるかどうかなど不安を抱きながら、バスに乗りました。でも、フレンドリーな人ばかりで、すぐに打ち解けることができ、とても安心しました。

 

c962fbf03499fa5bf555aa8146e142eb - コピー

 

【実習2日目】

ついに、始まった滑走練習。私は経験者の班だったのですが、スキーの経験は一度だけしかなく、取り残されている感じがしてとても不安でした。しかし、インストラクターの方の丁寧な指導や実習班のメンバーの支えにより、徐々に滑れるようなっていきました。

 

c962fbf03499fa5bf555aa8146e142eb

 

【実習3日目】

滑走練習の前に展望台から素晴らしい雪景色を見ました。なんとそこでは、ダイヤモンドダストまで見ることができ、普段このような景色を見ることのない畿央生は目を輝かせていました!

その後は林間コースなど少し難しいコースを滑走しました。急斜面でスピードがでたり、何度も転んだりして、怖い思いをした午前実習。そんな私を支えてくれたのは実習班のメンバーでした。「大丈夫。大丈夫。きっとうまくいくよ。」と励ましてくれたメンバー。転んだらすぐに助けに来て「一人で立ち上がれる?」と声をかけてくれたメンバー。そんな素敵なメンバーのおかげで、午後の実習まで滑りきることができました!

 

冬のスポーツ実習4-3-1

 

【実習最終日】

フリー滑走では、実習で習ったことを意識しながら友達と楽しく滑走しました。実習2日目の滑り始めた頃と比べると、自分でも分かるくらい上達しており、達成感を得ることができました。こんなにも滑れるようになるとは思ってもいなかったので、本当に嬉しかったです。

 

この実習では、スキーの技能習得はもちろん、他学科、それから今まで話したことのなかった同じ学科の人との交流により豊かな人間関係を獲得することができました。さらに、実際にスキーやスノーボードをやってみたことで、ウィンタースポーツへの関心もより高まりました。

 

冬のスポーツ実習4-4-1

 

これからは、今回の実習で得た達成することの喜びや改めて感じた仲間の大切さを忘れずに、大学生活を送っていきたいと思います。また、今後このような機会があれば積極的に参加し自分を高めていきたいです!

 

冬のスポーツ実習4-5-1

 

現代教育学科1回生 野村 真子

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2018(in 白馬村)レポート vol.3~ゴンドラで頂上へ!

冬のスポーツ実習2018(in 白馬村)レポート vol.2~いざゲレンデへ!

冬のスポーツ実習2018(in 白馬村)レポート vol.1~奈良から現地へ!

 

●昨年の冬のスポーツ実習の様子はコチラから!

【所属カテゴリ】イベントレポート現代教育学科畿央の学びと研究

ブログトップへ