畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 畿央の学びと研究 , 看護医療学科

Orange Project「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」in熊本大学~看護医療学科

2019年7月26日(金)

私たち老年看護学分野の教員1名とゼミ生6名(山崎ゼミ・上仲ゼミ)は、認知症サポーターとして、認知症に優しいまちづくりを行なっていく「Orange  Project」を畿央大学でも立ち上げるため、先行してOrange Projectの活動を行なっている熊本大学と認知症カフェ”あやの里(as a Café)“へヒアリングに行ってきました。

 

午前:あやの里(as a Café)でのヒアリング

あやの里(as a Café)への訪問では、とてもおしゃれな空間!というのが第一印象でした。海外のデザイナーの方と協力して作り上げたというこのカフェは、とても落ち着く空間で、足を運びたい!と思えるような場所でした。

 

Orange Project「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」1-1

▲あやの里(as a Café)のおしゃれな内装

 

ここでは熊本大学や熊本保健科学大学などの学生が主催・協力してお祭りなどのイベントを行なったり、認知症高齢者の家族が主催する家族の会などが行われたりしているそうですが、いつでも誰でも来ることができて、相談したり楽しくお話をしたりする場にもなっています。

今回あやの里(as a Café)で説明をしてくださった施設長の岡元ナオさんからは、カフェの活動内容や地域の方々に来てもらうための工夫、地域の団体との協力の必要性について教えていただきました。

 

Orange Project「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」2-1

▲カフェの活動内容について説明を受けている様子

 

Orange Project「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」3-1

▲あやの里(as a Café)の岡元さんとともに

 

午後:熊本大学でのOrange Projectヒアリング

熊本大学では、Orange Projectでの活動について、実際に所属している熊本大学の安武先生と看護学生の方2人からお話を聞くことができました。

 

Orange Project「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」4-1

 ▲熊本大学の安武先生と看護学生2人からOrange Projectについてのお話を聞いている様子

 

Orange Projectとは、熊本大学や熊本保健科学大学、崇城大学の学生が主体となって行っているボランティア団体で現在120人の学生が登録しているそうです。

Orange Projectでは、あやの里(as a Café)と協力してお祭りなどのイベントを通して認知症の方と交流するだけでなく、小学生から大人まで、様々な世代を対象に認知症サポーター養成講座を行なったり、認知症徘徊模擬訓練を行なったりするなど、若い世代にも認知症を知ってもらう活動が行われていました。

Orange Projectの活動は、あやの里(as a Café)を含め、たくさんの地域団体との協力があることから、熊本県では、全域でOrange Projectの目的「認知症になっても暮らしやすい街づくり」が行われているのだと思いました。

 

Orange Project「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」5-1

▲熊本大学Orange Projectの学生の方とともに

 

認知症をたくさんの方に知ってもらうため、また、認知症の方やその家族が暮らしやすい街をつくるために、私たちと同じ大学生が地域の方々とともに取り組んでいることを聞き、とても刺激になりました。あやの里(as a Café)と熊本大学でのヒアリングを通して、学生にもできることはたくさんあること、学生だからこそ力になれることがあることを知り、とても勉強になりました。また、医療の多職種連携だけでなく建築デザインの専門家や放送作家などの異業種との連携も事業を展開していくために、これから(Society 5.0)の時代には重要なことだと学びました。これらを卒研の文献レビューの根拠として、卒業論文を作成する際の参考にしたいと思いました。

私たちは今回熊本で学んだことを踏まえ、奈良県が認知症になっても暮らしやすいまち、認知症の方に優しいまちになるように社会に貢献していきたいです。

 

看護医療学科4回生 山崎ゼミ 辻林もも

 

■Orange Projectの関連サイト

【所属カテゴリ】イベントレポート畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ