畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
人間環境デザイン学科

2009年度建築設計製図の講評会を行いました。

2009年8月7日(金)

建築設計製図は、3回生配当の科目で、建築・まちづくりコースの必修科目であり、建築士試験受験資格にも関わる重要な実習科目です。

 

この科目も住環境設計製図と同じく担当教員の三井田先生、藤井先生のほかに、助手の奥村先生、長井先生も交えての講評会です。
第1課題の木造軸組課題は以前にお伝えしましたが、今回の第2課題は本学南側の高塚地区公園を敷地とした畿央大学の付属図書館です。 

講評会1枚目.jpg

 

3回生ともなると同級生の作品にも興味駸々。

教員と一緒に前の方に座り、コメントも飛び交いました。

 

講評会2枚目.jpg   ←「本の森」をイメージした作品
  正十二面体を使った作品→ 講評会3枚目.jpg

 

講評会4枚目.jpg

 

3年生は試験勉強や他の演習と並行しながらこの課題を完成させました。
眼の下にくまをつくりながら、女の子はノーメイクで、男の子は寝間着のような恰好の人もいながら・・・気力を振り絞って発表を行いました。

 

この講評会の優秀作品は住環境設計製図と同じく、学内で掲示されます。
また、ブログでも続報として発表しますが、学生がさらなる手直しをする予定ですので、しばらくお待ちくださいね!!

 

【所属カテゴリ】人間環境デザイン学科

ブログトップへ