畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
ボランティア活動報告 , 理学療法学科 , 看護医療学科 , 被災地支援の活動

被災地支援「のびのびキャンプ2013」に向けて~福島県で説明会を開催!

2013年7月18日(木)

こんにちは!教育学部3回生のんちゃんこと、溝端法子です!

 

畿央大学の学生・教職員有志による被災地支援「のびのびキャンプ2013」の準備を進めているところですが、7月14日(日)に福島県二本松市民交流センターで、キャンプに参加してくれる子どもたちの保護者を対象とした説明会を行いました!

20130714nobinobi-1

 

当日は「どんな子どもたちが来てくれるんだろう…」と、胸をドキドキさせながら、私を含む畿央生3名が福島県へと向かいました。

 

まず午前中は一緒にキャンプを作っているボランティアグループひらそるの方々と、福島大学・いわき明星大学の学生4名と顔合わせを行い、午後からの説明会の打ち合わせ、のびのびキャンプ2013の趣旨についての再確認やプログラム内容に関する会議等を行いました。

 

そして午後からはいよいよ説明会です!のびのびキャンプ2011,2012経験者で、今年はサポーターとして参加してくれる福島の中学生、高校生のこどもたち5名も、説明会の運営のお手伝いをしてくれました!

20130714nobinobi-2

 

そしていよいよ説明会は、キャンプの運営メンバーによる自己紹介からスタート。

福島大学・いわき明星大学からは今年参加する学生4名に加え、昨年参加して社会人になった2人も駆けつけてくださいました!

nobinobi-3

 

次に、のびのびキャンプの発起人であるみゆっきー(看護医療学科 堀内美由紀准教授)より、のびのびキャンプが始まったきっかけや今までの経緯についてのお話をしてくださいました(詳細をお知りになりたい場合は、過去のブログをご覧下さい) 

20130714nobinobi-4

 

それから学生代表であるひちょり(教育学部3回生)から、のびのびキャンプ2013の概要や目的、スケジュール等の話がありました。学生の熱い思いが、保護者の方々にも伝わったと思います!

20130714nobinobi-6

 

説明会の後は、部屋を仕切って保護者と子どもは分かれ、それぞれの時を過ごしました。

保護者の方々は、うりちゃん(理学療法学科 瓜谷大輔助教)の「姿勢と健康」についての講座を受けておられました。からだをのびのびリラックスさせるための講座が終わった後に、質問に行く保護者の方もおられるほど好評でした!

20130714nobinobi-7

 

そして、子どもたちにとってはお楽しみのアイスブレイクタイム!

代表であるひちょりが中心となってアイスブレイクを行いました。キャンプ参加の子どもたちの弟妹もたくさん参加してくれたため、わいわいとしたのびのびキャンプらしい雰囲気の中、ゲームを通した交流でお互いの距離が縮まりました。また、説明会の間には見られなかった、子どもたちの笑顔やパワーを見ることが出来ました。

20130714nobinobi-last

 

今回の説明会で、キャンプに参加してくれる子どもや保護者の方々にお会いし、またキャンプを一緒に作っているひらそるの皆様や福島の学生に会うことが出来て、「いよいよ始まるんだなぁ」と、より一層気が引き締まりました。

のびのびキャンプ当日まで1ヶ月を切りました。福島の子どもたちのために、自分たちが出来ることを考え、みんなで力を合わせて、笑顔でいっぱいのキャンプを作っていきたいと思います!

 

【関連URL】

畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページ

被災地支援「のびのびキャンプ2013」に向けて~第4回セミナーを開催!

被災地支援「のびのびキャンプ2013」に向けて~第3回セミナーを開催!

被災地支援「のびのびキャンプ2013」に向けて~第2回事前セミナーを開催!

学生広報スタッフblog vol.72~被災地支援「のびのびキャンプ2013」が始動!

【所属カテゴリ】ボランティア活動報告理学療法学科看護医療学科被災地支援の活動

ブログトップへ