畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
ボランティア活動報告 , 現代教育学科 , 被災地支援の活動

被災地支援「のびのびキャンプ2013」に向けて~第2回事前セミナーを開催!

2013年6月11日(火)

こんにちは!今年度の「のびのびキャンプ」の学生代表を務めさせていただく、ひちょりこと現代教育学科3回生の森本敦です!

今年度から学生が主体となり、被災地支援のための「のびのびキャンプ2013」を開催することになりました!不安だったり、わからないことばかりの毎日ですが、福島県のこどもたちの笑顔のために、日々、みんなでがんばっています!

さて、5月25日(土)に引き続き、6月1日(土)の3・4限目に第2回のびのびキャンプ事前セミナーを開講しました。今回はキャンプ中に実際に行うプログラムの説明と昨年度体験学生の体験談、そして教育学部永渕泰一郎先生による「こどもとのかかわりかた」についてのセミナーを行っていただきました。

 

新しい画像

 

 

のびのびキャンプにはさまざまなプログラムがあります。緊張している子どもたちと大学生との出会いの際、ゲームをすることで緊張をほぐす「アイスブレイク」、子どもたちのいろんな姿が垣間見える「飯盒炊飯」、気持ちを伝えあってキャンプの締めくくりをする「メッセージタイム」など、他にもたくさんあります。

他のキャンプと共通するプログラムもありますが、その全てのプログラムのバックグラウンドにあるのは「そばにいる安心感」です。キャンプ中、学生は子どもに近い存在であり、ずっとそばにいる存在です。今年は子ども5人に対して学生が3名つく体制で、こどもたち同士、学生とこどもたちの距離がより近づくことを念頭においたプログラムの構成をしています。

のびのびキャンプ2012に参加した学生の体験談では、運営メンバーでもある二回生、めぐ、りなっぱ、あずの3人が昨年のことを振り返りながら、グループワークも交え、話してくれました!

 

 新しい画像 (1)

 

「子どもたちとかかわることで意外な一面や、自分の課題が見つかった。」

 

「『どんなことをしてあげよう?』という気持ちより、

『相手はどんなことをしてもらいたいんだろう?』と考えることの大切さに気づけた。』

 

「自分の居場所をまず探してしまったけれど、

こどもたちのことを一番に考えて動かなければいけない。」

 

など、さまざまな体験・感想を聞くことができました。

また実際にこどもと接した際、自分ならどうする?といったグループワークを参加者全員で行いました。たとえば、

 

「地震、原発のことをどう思う?」といった質問が来たらどうする?

 

「活動に参加したくない」というこどもがいたらどうする?

 

「○○ちゃんと一緒はイヤだ!」というこどもがいたらどうする?

 

という、キャンプでも実際、起こりうることを想定しながら、話し合いました。

 

 新しい画像 (2)

 

さまざまな学部、学年の学生がいるため、いろんな視点からの考えがたくさん出てきました。最善の答えが存在するわけではないけれど、いろんな人の考えを知って引き出しを増やしておくことで、幅広い対応ができるはずです。とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

後半では永渕泰一郎先生に「こどもとのかかわり方」についてのセミナーを行っていただきました。

 

新しい画像 (3)

 

こどもたちの行動の一つ一つには必ず意味があり、そのバックグラウンドを知り、気持ちを大切にしないといけない。学生はプロフェッショナルではないけど、素朴な関わり方をすることによって、こどもたちとの関係を築くことができること。別れの際のケアをきちんとすること。のびのびキャンプのみならず、さまざまな場面でこどもたちとかかわる際に気に留めておくべきことをご教授いただきました。

 

過去2年、私も参加してきましたが、悩むことの連続で、思い返せばいろいろ後悔することや、感じたことがたくさんありました。今回、2回生メンバーがその思いを自分達の言葉で伝えてくれて、きっと新たに参加してくれているメンバーにも伝わったと思います。こどもたちのことを一番に考えて、全力を尽くしてキャンプ作りをするのが私たち学生の役目。もしかしたら、その期間内では充実感や感動を実感することが難しいキャンプかもしれません。しかし、こどもたちのことを大切に思って過ごすことで、キャンプが終わって思い返したとき、自分の成長を感じることができるキャンプでもあると思います。

 

3年目、3回目、まさに集大成となる今年ののびのびキャンプ。偉大な先生方から引き継がせていただくということで、プレッシャーも感じますが、学生主体のよい部分を前面に出して、こどもたちひとりひとりの夏休みの楽しい思い出の1ページが描けるよう、みんなでキャンプをつくっていきます!

 

のびのびキャンプ学生代表 現代教育学科3回生 森本敦

 

【関連URL】

学生広報スタッフblog vol.72~被災地支援「のびのびキャンプ2013」が始動!

畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページ

【所属カテゴリ】ボランティア活動報告現代教育学科被災地支援の活動

ブログトップへ