畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 人間環境デザイン学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携 , 看護医療学科

御所市連携コミュニティカフェ開催レポートvol.43~「Kioオレンヂカフェ 分かちあい in 御所」を開催!

2016年2月19日(金)

畿央大学と御所市、住民が共同して運営している「金曜日カフェ~つどい~」(御所市連携コミュニティカフェの新名称)において「Kioオレンヂカフェ 分かちあいin御所が2月12日(金)に開催されました。

 

午前は「認知症サポーター養成講座」として認知症の講演、午後は認知症の方とその家族、介護をされている方、介護経験者による認知症についての思いを語り合う場になっています。畿央大学人間環境デザイン学科・斎藤ゼミの学生さんたちがカフェを卒業されたため、この日は地域のボランティアの方2名と畿央大学看護医療学科 老年看護学教員4名、御所市地域包括支援センター職員1名、葛城市職員2名で行いました。

午前は地域の方、13名の参加がありました。内容は認知症の理解についてのDVD視聴と認知症の症状、対応の仕方等についての話でした。

 

1-1

 

参加者の方から「このように認知症についての話を聞いていろいろ理解できたが、家族に対してきついことを言ってしまうことがある。どうしたらいいのでしょうか?」との質問があり、山崎教授が「家族にはきつくなることが多い。人間だからそれもあっていいのでは。このような会に参加されたり趣味のことをしてリフレッシュしたり、気持ちを切り替えていくことが優しくできるコツです。」と答えられていました。また「息子ときつい言葉を言い合っても、夜眠る時にお互いに反省しあう。」や「これらの話をぜひ家族に聞きに来てほしい。」などの意見が出ました。

その後、2つの小グループに分かれて、健康相談・介護相談を兼ねて家族の話や悩みなどについて話をしました。13名の方には「認知症サポーター」として、オレンジリングを差し上げました。

 

2-1

 

午後は、認知症の人を介護している(した経験のある)家族の方2人を囲んで、認知症の家族を介護した思いやケアマネージャーをはじめとする職員への思いなどを語っていただきました。葛城市のケアマネージャーさんからは介護する家族の人への思いや経験が語られました。

 

3-1

 

2015年度の「Kio オレンヂ喫茶(カフェ) 分かち合いin 御所」は今日で終わりです。

2016年度は5月から開催されます。

お近くの方は、ぜひご参加ください。またお知り合いの方もお誘いください。

 

看護医療学科講師 南部 登志江

【Kioオレンヂ喫茶(カフェ)の取り組み】

御所市連携コミュニティカフェ~「Kioオレンヂカフェ 分かちあい in 御所」を開催!

第3回Kioオレンヂ喫茶(カフェ)in和里(にこり)を開催しました~看護医療学科

御所市連携コミュニティカフェ~「Kioオレンヂ喫茶(カフェ)分かちあいin御所」

Kio オレンヂ喫茶(カフェ) in 和里(にこり)を開催しました。

【所属カテゴリ】イベントレポート人間環境デザイン学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携看護医療学科

ブログトップへ