畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

健康科学研究科

2013年12月17日(火)

こんにちは 本格的に寒くなってきましたね。 畿央大学理学療法学科4期生の山野です。

12月15日(日)に、2013年最後となる理学療法学科卒業生による勉強会KSMKio Study Meeting)を開催しました!

私は今回から参加させていただくことになりました。(*^_^*)

 

今回は、藤原さんの「症例検討」、中田さんの「マネージメント」、佐藤さんの「腰痛に対するリハビリに関する相談」の3本でした。

 

藤原さんの症例検討は、食事動作の獲得や、ケアマネージャーなど介護領域の多職種連携の取り方など、訪問リハビリならではの検討内容でした。参加したみなさんは各領域からいろいろな指摘やアドバイスをしながら、楽しいディスカッションをすることができま した。

 

S__729190-horz

 

中田さんのマネージメントに関しては、日頃考えることが少ない内容ということもあり新鮮でした。

私たち理学療法士の多くが働く病院や施設も、一般企業のように理念や目的意識をしっかり持ちながら患者様や利用者様へ質の高いものを提供していくことの必要性、それに見合った対価をいただき組織を運営していくという意識を持つことが大事であると感じました。

「経済なき理念は戯れ言、理念なき経済は犯罪だ」という言葉が印象的でしたね 。

 

最後の腰痛に対するリハビリのディスカッションは、実技を交えながら股関節と体幹の関連やタスクレベルのコントロールなどをみんなで出し合いました。

 

S__729194-horz

 

最後はミーティングで来年の予定の確認をして終了しました。

今回はかなり濃いディスカッションを4時間にわたって行ったので、みんなクタクタになってましたね(^^;;

それだけみんな集中して考えて頭を使っていたんでしょう。終わった後のコーヒーがとても美味しかったです。^ – ^

 

次回は年が明けて1月12日に開催予定です。正月ボケした頭をフル回転させて、また内容の濃い時間にしたいと思います!

仕事も遊びも本気!

ではでは、みなさん 楽しいクリスマスとお正月をお過ごしください。また来年お会いしましょう♪

 

S__729195

 

畿央大学大学院 山野宏章

 

2013年11月29日(金)

こんにちは。

畿央大学理学療法科4期生の中田宏樹です。

第18回目の卒業生勉強会を11月24日に開催しました。

 

卒業しても共に学び続けたいと思い設立したKSM(kio study meeting)ですが、なにげに一年半経ちました。継続は力なり。

自分の病院だけでは得られなかった知識、考え方が得られており、嬉しく思います。

ちなみにいつも貸して頂いてるのはここのお部屋です。

 

 ksm18

 

今回は森岡さんの「慢性期のねんざについて」、上田さんの「Upper Extremity Interventions」、そしてミーティングを行っています。

18ksm2

 

まずは森岡さん。

捻挫って、スポーツをする人にとってすごい多い疾患なんですよね。

そして嫌なことに一回捻挫してしまうと何回もやってしまう…

森岡さんはそれを解決したいとの熱い思いを込めて、熱心に文献を読み、勉強会に行き、得た知識を伝達してくれました。

彼はわざわざ岡山から帰阪して参戦してくれてます。そして向こうでも勉強会企画を立ち上げたようです。そのうち合同勉強会、合同飲み会なんてのもやりたい思ってます。

ちなみに岡山からの参加者はもう一人いてるんですが、そんな地方から参加してくれる人がいるってことが、勉強会の質の高さを表してくれていると自負しています。(彼らが帰阪した際に関西の友人と会ってるのは、きっとついでです。きっと…)

 

18ksm3

 

続いて上田さんの発表。

医療は常に進化している。それを思わせるようなプレゼンをしてくれました。

今回の中で印象に残ったのは、最新の物理療法機器達。麻痺で身体が動かない人に対して電気刺激で身体を動かすものがあるんですが…

ずいぶん小型化が進み実用的になってきてる印象を受けました。

ディスカッションは今後の高齢化社会にまで話が及びました。

高齢化社会先進国の日本で、医療機器や介護機器メーカーが日本で成功し、それを基に世界へ飛び出して行く。そんな未来が透けて見えました。

 

18ksm4

 

そして今回はミーティングです。

実は12月からメンバーが二人長期離脱します。

櫻井さんと南さん。二人とも今の職場を退職し、驚くべきことにリュック一つで世界一周の旅に出るのです。

自分の枠を広げ、世界の様々な価値観に触れてくることで、一周りも二周りもおっきくなるだろう二人に期待です。

話がそれました。

そういったメンバー長期離脱の経緯から、一度今までのKSMを見直そうと今回はミーティングにしたんですね。

ミーティングはブレインストーミング方式にしました。

積極的に自分の意見を出してもらうため、良い点、悪い点、今後の希望など紙に書いてもらってます。

そして話し合ったのですが…みんな素晴らしい。

興味深いアイディアがたくさん出てきました。

今までの自身の得意分野を出すスタイルから一歩飛び出て、より効率的にスキルアップをめざすことに。

でも実はまだまだ話したりず…来月もミーティングすることになりました。

その中で今後は少しメンバー増やしてもいいかなって話が出てきたので、もし興味ある方がいましたら

kio_study_meeting@yahoo.co.jp(KSM代表:中田)

まで連絡ください。ちなみに1月には新年会も考えてます。

連絡をくれた方には、現在の方針など説明させて貰いたいと思います。気軽にどうぞ♪

とりあえず決まっているのは定期的に発表してもらうこと、出来るだけ毎月参加すること(みんな仕事やら勉強会やらで全員揃った試しがないですが…笑)

 

アフターファイブが人生って言葉をたまに聞きますが、仕事が楽しかったら人生は二倍楽しい。仕事を楽しくするには、やっぱり勉強することが大事やと思います。

プライベートも仕事も両方楽しんでいく。

そんな集団を作っていきたい今日この頃です。

18ksm5

 

最後にいつもお世話になっている庄本先生はじめ、関係者の方々、そして駄文に最後までお付き合い頂いた方、本当にありがとうございました。

 

2013年10月30日(水)

畿央大学理学療法学科4期生の及川新一です。

10月も畿央大学のキャンパスをお借りして第17回KSM(kio study meeting)を開催しました。

今回で17回目を迎えるKSMですが、毎回熱意のこもった発表と議論が繰り返されているので、いつも新鮮な気持ちで参加しています。

 

さてさて、今回の発表テーマは「脳画像のみかた-基底核レベルを中心に-」「キャリアアップのための症例の考え方」「足と靴」の3つとなりました。

 

最初は熊本君が「脳画像のみかた-基底核レベルを中心に-」を発表してくれました。

内容はタイトル通りです。()

沢山の画像を基に、基本的な画像の見方から治療への応用まで細かく説明してくれました。普段脳画像を見る機会が少ないメンバーも脳画像への理解が深まりました。

 

 

新しい画像

 

 

次に、南君が「キャリアアップのための症例の考え方」を発表してくれました。

内容は症例の持っている障害の捉え方、臨床推論の立て方に始まり、話題は実習生教育にまで及びました。写真は中田君と南君が初診時の介入方法について激論を交わしているところです。決して喧嘩をしている訳ではありません。()

 

新しい画像 (1)

 

最後は櫻井君が「足と靴」を発表してくれました。

KSMでは初となる「靴」に着目した発表でした。靴の機能的役割や、正しい靴の履き方など、普段の臨床ではあまり意識していなかったことを分かりやすく発表してくれました。

 

新しい画像 (2)

 

 

ここまでのBlogを読んで頂くとお気づきになるとは思いますが、KSMは一度の勉強会で大きなテーマを決めずに、各々の興味があること、臨床で取り組んでいることを基に発表します。また、メンバーの所属している病院や施設の特性が異なるため、発表の内容をそのまま臨床で実践することは出来ません。勉強会で得た知識を自分達の臨床に落とし込み、患者様に最善の医療を提供出来るようこれからも切磋琢磨して頑張っていきたいと思います。

 

最後になりましたが、今回も快く会場を提供してくださった、理学療法学科長である庄本先生を始め、畿央大学関係者の皆様に感謝を申し上げます。

 

新しい画像 (3)

 

 

 

2013年9月28日(土)

2013年欧州呼吸器学会(European Respiratory Society annual congress)参加レポート

 

長崎大学 千住教室の皆さんと

 

この度2013年欧州呼吸器学会に参加してきました。学会は9月7~11日にスペイン,バルセロナのFIRA BARCELONA, Convention Centre de Gran Viaで開催されました。この学会は、呼吸器系の学会では世界最大級であり、私は昨年に引き続いて2回目の参加となりました。本学からは私1人の参加でしたが、昨年大学院(博士)を卒業した有薗さん(現 聖隷クリストファー大学)や長崎、名古屋、関西の友人など10人ほどの理学療法士とも学会場で会って話をしました。

 

ポスター発表中

 

私は、9/11(水)に ”Mechanisms contributing to exercise limitation in health and respiratory, cardiac and pulmonary vascular diseases” セッションで ”Comparison of the characteristics of symptom-limited exercise tests between incremental and constant work rate protocols” という演題をポスターディスカッションという形式で発表しました。これは通常のポスターとオーラルでの発表、質疑応答が混ざった形式です。

 

 

 

セッションの司会者は,P. Laveneziana, L. Puente Maestúの2名で、特にL. Puente Maestú氏は、運動負荷や骨格筋の酸素動態に関して多数報告しており、私も文献でよく知っている研究者でした。私の演題は、「高強度定常負荷試験の方がランプ負荷試験に比べて骨格筋の酸素利用が高くなり、これが運動持続時間のリハビリによる改善効果が高いという要因の1つであろう」という内容で、座長やフロアからいくつか質問を受けました。

今回の学会では日本の理学療法士の発表も増えてきましたが、まだ演題数は少なく、言葉の壁により十分な討論が出来ないケースが多い様です。私自身も含めてもっと国際的にならなければと再度思わされた学会でした。

 

健康科学部理学療法学科 教授 田平一行

2013年9月27日(金)

去る9月21日(土)の14:00より、畿央大学大学院健康科学研究科博士後期課程の学位記授与式が行われ、井出宏さんと徳田光紀さんのお二人に博士(健康科学)の学位が授与されました。

 

 P1500380

 

畿央大学大学院健康科学研究科の博士課程論文審査基準では、主論文の条件として「査読のある国際(英文)学術雑誌に掲載されたもの、あるいは掲載が決定しているもの1篇」としています。お二人の論文は3月までに完成はしていたものの雑誌掲載が遅れたため、学位記の授与が9月になったものです。金子章道研究科長からは、世界に通用する学位論文を完成させたお二人に対してねぎらいとこれからの活躍に対する期待を込めた式辞があり、また博士号を授与されたお二人からは、それぞれに感謝と決意の挨拶がありました。そのあとお二人と金子研究科長、冬木副学長、森岡研究科主任、お二人の指導教官である田平教授、庄本教授を交えて記念撮影をし、あたたかな雰囲気の中で授与式を終了しました。

お二人からコメントを頂戴しましたので、ここでご紹介させていただきます。

 

●徳田 光紀さん

P1500366

 

私は学士、修士、博士とすべて畿央大学および畿央大学大学院で取得させて頂きました.大学時代の担任も、大学院の指導教員も庄本康治教授でありました。理学療法士として、研究者として一から指導して頂いた庄本先生には感謝の言葉しか浮かびません。本当にありがとうございました。

また,金子章道研究科長はじめ世界レベルの研究者の先生方の講義を受講できたことは、今後も大きな財産になると感じています。『博士号の取得がゴールではなく,ここが一人前の研究者としての起点となるべきである』金子研究科長に頂いた祝辞のお言葉は忘れません。今後も研究者の一人として謙虚に,そして畿央大学大学院で博士号を取得できたことに自信と誇りを持って、研究活動を続けていきたいと思います。

これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

 

●井出 宏さん

P1500373

 

2013年9月21日(土)博士学位授与式に出席しました。

この中で健康科学研究科の金子研究科長は、学位の取得は研究者としての出発点に過ぎない。慢心することなく今後も研鑽を続けてほしい、という旨の言葉がありました。私は、この言葉をいただいて、今後とも継続的な自己研鑽に努めること、研究のための研究ではなく常に臨床を意識した研究をしていくこと、独創的な研究とは何かを常に考えていく必要性を再確認しました。また、ここまで来られたのは田平教授のご指導や田平研究室の同僚からの助言などがあったからだと思っています。そして、最後に陰に陽に支えてもらった私の家族に感謝したいと思います。