畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
健康栄養学科 , 畿央大学×地域連携

橿原市・橿原商工会議所連携「しょうが給食献立開発」第2回勉強会を行いました。

2014年6月14日(土)

プロの料理家から、しょうが調理の基本を学ぶ!

 

今年で6年目を迎えた橿原市・橿原商工会議所と畿央大学健康栄養学科(指導教員:浅野恭代教授、金一玲助手、登録参加学生40名)の連携事業は昨年に続いて「橿原産しょうが」をテーマに就学前児童向け『しょうが給食献立』開発を行なっています。

 

2014(平成26)年6月12日(木)16時30分、4限目授業が終わった学生32名が集まって第2回目の勉強会が始まりました。クッキングスタジオバンビ主宰、フードコーディネーター、シニア野菜ソムリエとして活躍中のプロの料理研究家である松田弘子氏を講師にお招きして、しょうが料理の基本を教えていただきました。

松田先生には昨年しょうがを使用した新商品開発事業で、やはりしょうが調理のコツをわかりやすく説明していただいています。

今回も香辛料としてクセのある素材・しょうがを難しい対象である幼児向けの給食献立にどう活かすか難しいところです。

 

新しい画像-vert

 

生姜の90%以上は水分で、生姜に含まれる辛味成分はジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンの3種の油状物質です。

生姜の切り方(みじん切り、千切り、すりおろし、薄切り)や、調理法(加熱、水にさらす、油分を加える、たんぱく質を加える、甘味を加える)により辛味が緩和されます。

また、今の時期は新生姜が出回っていますが、年中あるひね生姜とは調理方法、分量が大きく異なることに注意が必要です。

献立開発後に9月ごろ橿原市内の幼稚園で給食が提供される予定ですので、このプロジェクトでは新生姜を使って献立を考えます。

 

新しい画像 (4)-horz-vert

 

この日松田先生が用意していただいたレシピは、「しょうがご飯」です。

しょうがの量と一緒に加える具材を考え、

①1%みじん切り

②3%みじん切り

③5%みじん切り

④5%水にさらしたみじん切り

⑤5%すりおろし

⑥5%すりおろしにバター入り

⑦5%すりおろしに鶏ひき肉入り

⑧5%すりおろしにツナ缶入り

以上8種類のしょうがご飯を各調理台で炊飯して、8つの班分を取り分け、みんなで風味の違いを食べ比べしました。

しょうがの量の違いと加える具材でこんなにも差が出るのか、と感心させられました。

 

前回の5月22日第1回勉強会の講師をしてくださった橿原市こども未来課管理栄養士の阪本晶子氏にも来ていただき、勉強会の様子を見てもらうとともに、最後の質問タイムでは松田先生と学生たちに囲まれて相談を受けていただきました。

 

次回は7月10日(木)のレシピ検討会を経て、いよいよ7月19日(土)には最終の創作メニュー審査会となります。

どのような幼児向け給食献立ができるか、今から楽しみです!

 

【関連記事】

橿原市・橿原商工会議所との連携「橿原産しょうがを使った給食献立」開発事業がスタート!

産官学連携「橿原産しょうがを使った給食献立開発」~保育所見学ツアーを実施!

橿原市・橿原商工会議所連携「しょうが給食献立」開発第1回勉強会を行いました。

 

【所属カテゴリ】健康栄養学科畿央大学×地域連携

ブログトップへ