畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 健康栄養学科 , 畿央大学×地域連携

『絵本で見たお菓子づくり』に協力しました!~健康栄養学科ヘルスチーム菜良

2015年2月18日(水)

2月14日(土)に橿原市の橿原中央公民館で行われた、『絵本の世界へようこそ!!パパも子どもも一度は食べてみたい!絵本で見たお菓子づくり』ヘルスチーム菜良のメンバー6名が協力しました。

 

この企画は、絵本の読み聞かせのあとに、その本に出てくるお菓子をお父さんと子どもたちと一緒に作って父子の絆を深めよう!というものでした。

今回テーマとなった絵本は、「ぐりとぐら」。みなさんも一度は読んだことがあるのではないでしょうか。その中に出てくる大きなカステラを作りました。

 

SONY DSC

 

図書館の先生による「ぐりとぐら」のお話が始まると、子どもたちは一生懸命聞いていました。私たちも一緒に聞かせていただきましたが、絵本を見るのは本当に久しぶりで懐かしく感じました。

 

SONY DSC

 

お話が終わると、お菓子作りの説明をするために、私たちがみなさんの前でデモを行いました。大勢の人の前で説明する経験が今までになく、ぎこちない部分や頼りない部分もありましたが、みなさん温かく聞いてくださいました。

 

SONY DSC

 

実際にお父さんと子どもたちに作ってもらうと、どのグループもとても手際よく、きれいに焼きあがりました。

デモで作ったものよりもきれいに出来上がっていたのでびっくりです!

焼いている間、バナナとマシュマロに溶かしたチョコレートをつけたお菓子も作りました。

カステラには、うさちゃんや好きなキャラクターを粉糖でかたどったり、チョコペンでお絵かきしたり、バナナ、マシュマロにはカラースプレーなどでデコレーションしてもらいました。

顔や手にチョコがついているのも気にせず、夢中でデコレーションしている姿はとてもかわいらしかったです。

 

SONY DSC

 

今回の企画に参加させていただいて、多くの人前でのデモや、お父さんと子どもたちとの交流、絵本のお菓子を作るという、普段ではなかなかできないことを経験できました。

初めてのことで、悩むことや、上手くいかない部分もありましたが、みなさんと一緒に楽しく作ることができて本当に良かったです。

ありがとうございました!

 

SONY DSC

健康栄養学科2回生 岡田 千波

 

【参考記事】

大学オフィシャルサイト

橿原市連携「絵本で見たお菓子づくり」に畿央大学健康栄養学科学生のヘルスチーム菜良が協力しました。

【所属カテゴリ】イベントレポート健康栄養学科畿央大学×地域連携

ブログトップへ