畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
健康栄養学科 , 畿央の学びと研究

山本隆先生がテレビ大阪「ムチャミタス」で解説!

2011年3月3日(木)

身の回りにある疑問を科学の力で解明する番組『かがくdeムチャミタス!』(テレビ大阪毎週土曜日9:30~9:45)で、3月26日に放送される「すっぱいレモンが甘くなる?味のふしぎ大実験!」に、健康栄養学科 山本隆教授が登場!

 

山本先生は、脳と味覚の研究をされています。今回この番組で、味覚の実験を行うことになり、実験で使う植物「ミラクルフルーツ」と「ギムネマ」について解説をされます。

 

2月14日、山本先生の研究室で撮影が行われました。
謎の赤い実「ミラクルフルーツ」を食べると、そのあと、すっぱい食べ物を食べても、甘く感じられます。なぜ?

 

テレビ大阪2.JPG

 

山本先生によると、「ミラクルフルーツ」に含まれるミラクリンという物質は、酸味と結合すると甘みのセンサーを強く刺激するそうです。
反対に、「ギムネマ」の葉に含まれるギムネマ酸には、甘さを感じなくさせる効果があります。

 

ミラクルフルーツ&ギムネマ.jpg

 

では、味は舌だけでわかるものなのでしょうか。
真水に匂いだけつけると、味はするの?
山本先生によると、味覚は舌を刺激することによってのみ起こるわけではないそうです。人間の脳は、幼少期からの経験により味を学習しています。たいていの人の脳はレモンの香りを酸っぱいと学習していて、匂いだけでも酸っぱいと認識してしまうそうです。

 

番組では、狐につままれたように次々と「味のふしぎ」が起こりますが、科学的な解説を聞くとなるほど納得できるものです!
匂い・見た目・音などの情報で味覚をあやつることは可能なのでしょうか?

 

放送予定日は、3月26日(土)9:30~9:45です。ご覧下さい!!

【所属カテゴリ】健康栄養学科畿央の学びと研究

ブログトップへ