畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
理学療法学科 , 畿央の学びと研究

鳥人間コンテスト本番出場で間寛平さんをメディカルサポート

2011年8月1日(月)

社会連携 鳥人間コンテスト本番出場で間寛平さんをメディカルサポートしました。
間寛平さんが鳥人間になって大空を舞う!

2011(平成23)年7月31日『第34回鳥人間コンテスト』の2日目「人力プロペラディスタンス部門」が早朝6時からスタートし、吉本興業タレント間寛平さんが参戦。
アースマラソン4万kmで世界の海と陸を制覇した鳥人間コンテスト史上最高齡62歳のパイロットが琵琶湖の空も制覇できるか注目を集めました。
その間、寛平さんはちょうど1ヶ月前の6月30日に、メディカルサポート・体力測定のために畿央大学を訪れ、理学療法学科田平先生、福本先生、松本先生からアドバイスを受けていました。飛行本番前の体力調整ウォーミングアップ時にもメディカルチェックを行うため“チーム畿央大”も応援を兼ねて駆けつけました。

寛平さん.jpg

寛平さん1.jpg

本番直前に、数キロ先の宿泊先ホテルまで、福本先生が寛平さんと並走ジョギング。
アースマラソンから帰還後体重が増えた寛平さんは1ヶ月で8kg減量して調整し堅固な走りを見せました。
福本先生のアドバイスでホテルのレストランで塩分を補給、帰路も沿道の応援者に寛平スマイルを送るなど余裕たっぷりの様子でした。

過去19回出場、3回好記録を出した機体を「チームエアロセプシー」が提供チーム エアロセプシー.jpg
フライト挑戦直前の間寛平さんと、プラットホームから離陸直後の様子寛平さん2.jpg
メディカルサポート・寛平さん応援のため参加した“チーム畿央大”メンバーらチーム畿央.jpg

実は、理学療法学科松本先生は数年前から京都大学ShootingStarsのメディカルスタッフとして参加しており、そのご縁で読売TVから今回の間寛平さんへのサポート依頼となったものです。写真の真中の薄オレンジのTシャツの青年が京都大チームの今年のパイロット(新井広大さん)、濃オレンジ(深空)Tシャツの青年が来年のパイロットです。

1977年から始まり今年で34回目を迎えた『鳥人間コンテスト』、さてどのような記録が樹立されたのかは、8月19日(金)夜7時から読売テレビ・日本テレビ系全国ネットで放映されるスペシャル番組をご覧ください。

【参考記事】

6月30日に間寛平さんが畿央大学で体力測定!  http://www.kio.ac.jp/information/2011/07/post-387.html

【所属カテゴリ】理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ