畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
人間環境デザイン学科 , 畿央の学びと研究

日本家政学会関西支部で発表しました。―人間環境デザイン学科村田ゼミー

2012年10月15日(月)

10月13日(土)に奈良女子大学で開催された日本家政学会の研究発表会で、人間環境デザイン学科村田ゼミ4回生の野神千鈴さんと仲川拓馬くんが「蚕を育てるー地域の力とともにー」、小川洋平君が「おいねに関する研究―大和高原の防寒具―」を発表しました。

家政学会.jpg

「蚕を育てるー地域の力とともにー」は、かつて(奈良県)山添村で盛んであった養蚕業を地域の人や子ども達に伝承するために6年前から村の方々と私たちが協力して行ってきた取り組みについて、また「おいねに関する研究―大和高原の防寒具―」は、山添村でみつけた背中に背負う防寒着「おいね」についての調査そして復活についての発表でした。
学生達は非常に緊張して発表しましたが、会場から多くの質問をいただいたり、「家政学らしい研究である」「これからの発展に期待する」などの感想に感動していたようです。
今回のチャレンジは大変有意義な経験になりました。
今年育てた繭6000個は、卒業研究で大作に仕立てる予定です。
そして愛される「おいね」をめざし引き続き研究を進めていきたいと思っています。

【所属カテゴリ】人間環境デザイン学科畿央の学びと研究

ブログトップへ